キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者サポート

監理技術者とは?

監理技術者サポート

監理技術者の資格を取るなら、法改正等によって需要が増えている今!

監理技術者とは?

監理技術者。

日本の建設業において現場の技術水準を確保すべく配置される技術者のこと。

2008年11月より建設業法が一部改正され、それまで監理技術者が不要であった下請け3,000万円以上の民間工事にも配置することが義務づけられました。

元請であっても同3000万円未満の現場、下請工事などには主任技術者の配置で良く、3000万円の金額区分は、建築一式工事の場合は4500万円となる。

監理技術者というとき、おおよそ次の3つをさしている。

監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証を所持している技術のある者特定建設業者が監理技術者を必要とする現場に配置できる技術のある者実際個々の工事に監理技術者として配置されている技術のある者現在、政府の交付金を活用した公設民営方式(国や地方公共団体が施設を設置し、その運営を民間の企業・団体に代行させること。

)など、通信建設事業が増加しています。

これらの変化により、全国的に監理技術者(通信・電気・その他)の有資格者が不足していると言われています。

その結果、監理技術者の需要は高まっているようです。

そのため、このタイミングで資格を取得するのが早期就職に結びつくのではないでしょうか。

サイトQRコード

QRコード